白髪 原因

MENU

白髪になる原因は?ビオチンで白髪が改善するって本当?


白髪は加齢と共に生じることが多いため原因は加齢によるものというイメージが定着していますが、年齢が若くても白い髪の毛が生えてくることもあります。
これを若白髪と呼びますが、年齢に関係なく生えてくる人もいるので加齢だけが原因とは言い切れないとされます。

 

白髪になる原因は?


白い髪の毛が生じる原因として今までに挙げられていることは、遺伝・年齢・ストレス・病気・ホルモンバランス・栄養不足・頭髪や頭皮のケア用品・生活習慣などです。
これらは起因要因となることで、直接的原因といわれることは体内で起きています。

 

上記のような起因があることで、メラニン不足・メラニン生成機能の低下・過酸化水素の蓄積・成長ホルモン不足が起きます。
メラニンは色素を黒くする物質なので、不足したり生成機能が低下すると髪は白くなってきます。過酸化水素というのは髪の色素を漂白する物質で、蓄積すると漂白が進み髪が白くなります。

 

ホルモン分泌量の低下

成長ホルモンは本人が生まれ持った正常な髪色にするために必要なホルモンといわれているため、不足が起きると髪色が変化します。
起因についての説明ですが、加齢についてはよく知られていると思います。

 

人間は年齢を重ねると体内機能の低下が起こり始める人が多く、ホルモン分泌や消化吸収した栄養の活用力が低下してきます。
そして過酸化水素の蓄積が起きやすくなり、成長ホルモンの分泌量も減ります。

30代後半で増える白髪発生率

30代中期以上で白い髪の毛の発生率が上がり、40代以上で半数以上の人に一本は生えているというデータがあります。
遺伝は年齢の若い人に現れる場合にいわれることで、髪に栄養が行き渡りにくいことが指摘されています。

 

ストレスは自律神経を乱れさせ、血流及び栄養伝達機能が低下します。
また、髪を黒くする物質の生成低下も起きるためストレスによって髪が白くなることもあります。

 

病気では、甲状腺機能低下症・貧血・成長ホルモン分泌不全症などで起こり得ます。

有効な対策としては「ビオチン」摂取


白髪の改善に有効なものとして注目を集めているのはビオチンと呼ばれる成分ですが、ビオチンはケラチンという成分の合成をサポートする存在です。
ケラチンは髪の主成分であり、育毛剤に使用されることも多いです。

 

ビオチンも育毛剤に配合されることがあり、製品によってはケラチンではなくビオチンが主成分になっていることもあります。
髪の他に爪の主成分でもあるケラチンはビオチンの助けがあることでより活躍できるので、ビオチンを補うことで白髪の改善に繋がるのではないかといわれています。
>>ビオチン サプリ ランキング

 

ビオチンは色んな食材に含まれており、十分な食事量を満たしていない人でなければ不足は稀なので、生活習慣を見直して血流改善や体内機能改善を図ることも大事です。